FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

イメクラで教え子に出会う

高田馬場にTMファンタジーというイメクラがあった。
風営法改正で姿を消したが、いい店だった。
安いので毎日通っていた。
戸山口を出て、ブクオフ、コーヒー屋、その先のビル4F。

ある日、見たことのある女がついた。
向こうも私を見て、首を傾げた。
「どこかで会ったことあるね」
女が言う。

私は思い出していた。
高校で非常勤講師をしていたころを。
2年・・・何組か忘れたが、教え子だった。
向こうも気づいたようだった。
「先生・・・かな」

さあね、と私はとぼけた。
シャワーを浴びているときも、
女は薄く笑いながら「先生に似てるけどなぁ」という。
気のせいだろ、と私。

セーラー服の女をベッドで弄ぶ。
私が好きなのは女を後ろ向きさせ、
背中から抱いて胸をもみ、
ちんこを尻に押しつける姿勢。

女の息遣いがひどく荒くなった。
先生にやられているからだろう。
しかもイメージではない。現実なのだ。
女は股間のちんこをつかむと、
強引に膣に誘導した。
背面からのセックスとなった。

挿入したまま女を四つん這いにさせ、
バックからのセックスに及んだ。
半分中出しし、ぬいてから太腿にかけた。

さて話はここからである。
後日、教え子たちからクラス会の誘いの葉書がきた。
私は出席することにした。

教え子たちはみんな23歳になっている。
居酒屋で飲むうちに、ある女子がいう。
「先生のこと好きな子、いたんだよ、ねえキミ子」
キミ子はテーブルの端で目を伏せていた。
TMにいた女だった。

高田馬場の会社に勤めたというA子が言う。
「先生のこと、高田馬場でよく見るよ。ビルに入っていくでしょ」
あのビルに何があるの? という話題になった。
キミ子は顔を赤くしてトイレに行った。
「人違いだろ」と私。

あとから聞いたことだが、A子は男子に聞いて、
私が通うビルに風俗があることを知っていたのだ。
それが女子たちに伝わり、キミ子のことも噂になったと。
キミ子は、私とセックスしたことを自慢したらしい。
そのことがクラスメイトの間で凄まじく話題になったと、
ある教え子からの手紙に書いてあった。

「ショックです。信じられません」

それからも私はTMでキミ子を指名しつづけた。
あるとき、シックスナインで肛門をなめていると、
キミ子は私の一物から口を離し、
「すごく罪っぽい」とつぶやいた。
やがて何かがつらくなったのか、店を辞めてしまった。
TMではこれが一番の思い出だろうか。
スポンサーサイト
[PR]

| イメージクラブ | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eroemy.blog87.fc2.com/tb.php/13-744cbdc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。