FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

俳優と作家に出会う -高円寺の出会いの空間-

デートクラブというと、ホテトルを指す場合や、
出会いの空間を指す場合や、会員制交際クラブを指す場合がある。
しかしホテトルをDCと呼んだのは風俗情報誌の方便が始まりで、
あからさまにホテトルとは書けないためである。
基本的にホテトルはホテトル、会員制交際クラブは交際クラブ、
そして出会いの空間をデートクラブと呼んでいたはずである。

そのデートクラブ、つまり出会いの空間は、
1990年代前半に増えた当時最新の風俗だった。
最新といっても1980年代からあるにはあり、
もともとは吉祥寺にこの手の老舗があって、
女子学院などの名門女子高生がいることで知られていた。
未成年が多く在籍し、警察に睨まれていたが、
当時は違法ではなかった。

未成年の少女とハダカで愛撫したり性交したりしても、
14歳以上で合意の上なら、刑法上の問題はなかった。
当時東京と長野には、それを規制する条例もなかった。
ならばなぜそれが当時はなくて、いまはあるのか、
その問題はあらためて書く機会があると思う。

さて1995年頃、高円寺にOPENしたデートクラブがあり、
「OKの子ばかり」云々という意味深な広告を出していた。
お茶だけでバイバイみたいな子はいないらしい。
手入れを受けないうちに通いつぶすべきと判断した。

駅のそばのマンション。入ってから「アレレ」と思ったのは、
店員が俳優の東幹久と石黒賢だったから。
彼らが集めた女の子たちがデート用員だった。

名門の子はいないようだったが、
とりあえず餌食にする女の子を物色していると、
新たにひとり、客が来た。この人も見たことがあった。
直木賞作家の出久根達郎に似ている。
彼の本業は高円寺の古書店主だから、おそらく本人だろう。

うーん、なかなかスゴイことになってきたぞ。
でも別に悪いことをしているわけではないしね……と思いつつ、
私は女の子の輪の中から、ひとり外れた地味な子を選んだ。

店から連れ出して、喫茶店に行く。
お茶しながら「俺でもいいかな?」と聞くと、
「お金なの」とポツリ言うのでホッとした。
話が早い。遊びのルールを知っている子だ。

ホテルの部屋でテレビを見ながら、
おもむろに抱きついてみると、少し腋臭だった。
それが妙にいい。素人はシャワー抜き。
この遊びは、とにかく風俗臭を消すのがポイントだ。
普段通り汚れている、それがナマの楽しみになる。

性交後に抜くと、ゴムが破れていた。
アリャーと思ったが、なんとなく誤魔化した。
女はトボけた顔で、ニヤニヤしている。
気づいてないわけない。どうしていいかわからんのだろう。
私も、どうしていいかわからず、
このことには一切触れないまま、ホテルを出て別れた。

その後、高田馬場で制服姿のこの子が、
白髪の老人とラーメン屋にいるのを見た。
あれがメインのパパなんだなと思い、
少し寂しく思った。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 出会いの空間 | 10:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

う~ん、勉強になりました。

| デートクラブ | 2007/02/14 21:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eroemy.blog87.fc2.com/tb.php/3-470e8ae9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。